事務所案内

ご挨拶

当事務所は、2016年1月に創立されました。ファウンダーである阿部弁護士は、これまで所属した国内の中堅法律事務所(旧ときわ総合法律事務所)、大手法律事務所(旧あさひ・狛法律事務所、現在西村あさひ法律事務所)、国際的な法律事務所(旧ビンガム・マカッチェン村瀬法律事務所、ベーカー・マッケンジー法律事務所)、インハウスカウンセル(プルデンシャル生命保険本社ヴァイス・プレジデント)の経験を活かし、クライアント様にとって最適なブティック型法律事務所を創設しました。

当事務所は、お客様に対し、高品質のリーガルサービスを提供する使命を達成するため、次の3点を基本方針として掲げています。

1. 最高のサービスをスピーディーに提供

当事務所は、少数精鋭の利点を最大限に発揮し、きめ細かな高品質のサービスをスピーディーに提供いたします。留学経験も含めて様々な経験を持つパートナー弁護士達は、お客様からのご相談に原則24時間以内に最初のレスポンス等で対応し、真の問題点はどこにあるのか、何を解決すれば良いのかを丹念に探り、最良の解決策を提示して実行します。また、少人数だからこそ、あえてアサインする専門家を必要な範囲に抑えて、お客様のコスト負担を軽減するよう努めています。

2. 国内外の一流の専門家との連携と最先端の技術の活用

ビジネスや技術の発展に伴い、お客様の抱える課題も多様化複雑化しています。
法律は社会に生起する様々な問題の一つの断面であり、直面する法律問題が、法律だけでは解決できない場合もあります。当事務所は、各種専門家(税理士、弁理士、不動産鑑定士、アプレイザー等)、会計事務所、監査法人やコンサルタント会社等と、国内及び現地の一流の組織や各種専門家と幅広く協力体制を構築しております。お客様の真の問題を総合的に解決すべく、オールインワンの体制で取り組みます。
しかもスピーディーな連携を可能とする最先端のITツールやビデオコンフェレンス用設備を導入して活用しています。

3. 持続的な成長(公益活動・プロボノを含めて)

社会の急速な変化の中、最高のリーガルサービスを提供し続けるためには、我々自身も常に成長し続けることが必要不可欠です。当事務所では、国内外の専門家や諸機関と連携し、積極的に講演会やセミナーに参加しあるいは主催することで、クライアント共に成長し続けることをお約束いたします。

さらに当事務所は、公益活動・プロボノ活動を積極的に行っています。各パートナー弁護士は、これまで、例えば震災時の協力活動、国内・外国の政府機関や裁判所との連携・親善、大学等の教育機関や国内及び国際的な専門家を擁する組織への協力・啓蒙活動(講演、セミナー、トレーニング等)を積極的に行ってきており、今後も続けることを決意しております。

事務所概要

事務所名
霞ヶ関国際法律事務所
所在地
〒100-6023
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビル23F
電話
03-5157-1218(大代表)
設立
2016年1月

アクセスマップ

銀座線 虎ノ門駅11番出口直結
丸ノ内線 霞ケ関駅A13出口より徒歩6分
JR線 JR新橋駅日比谷口より徒歩12分