弁護士紹介

阿部 信一郎

阿部 信一郎あべ しんいちろう

日本における国内外の企業再編・倒産法の先導的な専門家の1人。事業の再編・再生に必要な取引(M&Aを含む)、ストラクチャーにおける著名なアドバイザー。訴訟、仲裁やM&A、独禁法、コンプライアンス等守備範囲は企業法全般におよぶ。多数の著書を寄稿し、各種セミナー、イベントで講演。中央大学法科大学院客員教授(事業再生法)、国士舘大学法学研究科客員教授(会社法)。

環太平洋国際法律家協会倒産法部前部長、事業再生家協会執行役員、倒産実務家日本協会理事、国際倒産再建協会(III)アジア・日本担当理事、事業再生研究機構会員、日米法学会会員、米国法律家協会会員、米国倒産協会会員

[ 弁護士会・所属 ] 1994年 東京弁護士会登録

[ 学歴 ] 1989年 早稲田大学大学院法学修士終了、 2001年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクール(LL.M.)卒業

[ 言語 ] 日本語、英語

主な著書・論稿

  • 論文ヨーロッパにおける倒産制度
    三木浩一他編「民事手続法の発展加藤哲夫先生古稀祝賀論文集」(2020年3月)
  • 外国論文Interaction between Arbitral Tribunals Seated in Japan and Japanese Courts
    International Business Law (Second Edition), (Wolters Kluwer, September 2019)
  • 著書事業再生ADRの軌跡から見た汎用性-10年の分析をもとに-
    事業再生と債権管理No.164(2019年4月) 金融財政事情研究会
  • 著書事業再生ADRの軌跡から見た汎用性-10年の分析を元に
    商事法務「NBL No.1140」(2019年2月)
  • 著書事業再生ADRの更なる発展のために
    NBL No.1140商事法務(2019年2月)
  • 外国論文Recent developments in Japanese insolvency practice
    International Insolvency &Restructuring Report 2018/2019 (Capital Market Intelligence, 2018)

主な講演・セミナー

  • バンコク(タイ)で開催されたAPRAG Conferenceにおいて第1セッション「国際仲裁におけるAIの活用」においてパネリストとして発表
    2020.01
  • ロンドンで開催された国際倒産再建協会主催(International Insolvency Institute)のリーダーシップ会議において今後の倒産法制の活性化について発表
    2020.01
  • ブルネイで開催されたRAIF2019において第2セッション「シンガポール国連条約及び金融及び知財紛争における仲裁と調停の活用」にパネリストとして発表
    2019.12

パートナー

アソシエイト