弁護士紹介

松井 清隆

松井 清隆まつい きよたか

企業再編・事業再生に関するタフな案件について多くの経験を積んできた。産業再生機構プロフェッショナルオフィスシニアマネージャーとして多数の案件に成功裏に関与した。フクシマ危機に端を発する東電問題を解決するため、原子力損害賠償・廃炉等支援機構の執行役員として、総合特別事業計画を策定し、東電再建を牽引してきた。常に情熱を持って企業や個人が抱える本質的な課題に真正面から取り組む。

[ 弁護士会・所属 ] 1994年 第二東京弁護士会登録

[ 学歴 ] 1992年 神戸大学法学部卒業、2016年 アメリカ合衆国サンタクララ大学ロースクール(LL.M.)卒業

[ 言語 ] 日本語、英語

最近の著書・論稿

  • 著書 労働事件ハンドブック
    第二東京弁護士会(2015年)共同執筆
  • Japanese Handbook of Employment Law Cases
    Daini Bar Association (2015), co-author
  • 著書 事業再生の実践
    商事法務、2006 「貸出条件緩和先の再建計画書」 銀行研修社(2009年)共同執筆
  • 著書 元気な会社こそ知っておきたい「よい倒産」の実務
    阪急コミュニケーションズ(2007年)共同執筆
  • 著書 裁かれるべきは誰か
    現在人文社(2007年)共同執筆
  • 著書 メーカー再生入門
    金融財政事情研究会(2006年)共同執筆
  • 著書 債権管理・回収モデル文例書式集
    新日本法規(1996年)共同執筆

主な講演・セミナー

過去の講演・セミナー

  • 「過剰債務企業に対する事業承継支援」平成30年度静岡県中部東部信用金庫 事業承継支援セミナー 株式会社日本政策金融公庫西日本企業支援室主催
    松井 清隆