弁護士紹介

阿部 信一郎

高取 芳宏たかとり よしひろ

国際訴訟、仲裁・調停等の紛争解決の専門家であり、日本では数少ない英国仲裁人協会上級仲裁人(F.C.I.Arb.)の一人。国際仲裁人、調停人として日本商事仲裁協会(JCAA)、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)及び調停センター(SIMC) 、韓国商事仲裁協会(KCAB)等の名簿に登載される世界的な第一人者。知的財産権、独禁法、FCPA、英国賄賂防止法等のコンプライアンス、サイバーセキュリティの分野でも多数の著書、論文があり、国内外での講演のみならず、日本政府へのアドバイスや裁判官への研修も行う。

日本仲裁人協会常務理事、英国仲裁人協会日本支部(C.I.Arb. Japan Chapter)共同支部長、国際私法学会会員

[ 受賞 ] Financial Times 2019年アジア環太平洋トップ10弁護士、Chambers紛争解決部門BADN1、Legal 500リーディングロイヤー等

[ 弁護士会・所属 ] 1992年第一東京弁護士会、1999年 ニューヨーク州弁護士会、2018年IADC

[ 学歴 ] 1992年 最高裁判所司法研修所終了、1999年 ハーバード大学ロースクール(LL.M)卒業

[ 言語 ] 日本語、英語

主な著書・論稿

  • 著書対ロシアの制裁及びロシアによる対抗措置の動き― 近時のロシア当局や裁判所の動きも踏まえた紛争解決を含めた留意点
    共著(JCAジャーナルNo. 748) (2019年) 日本商事仲裁協会
  • 著書ジョイントベンチャーの米国反トラスト法上の取扱い
    (JCAジャーナル No.736)(2018) 日本商事仲裁協会
  • 著書国際模擬仲裁・調停の意義と活用(上)(下)― 法務省および英国仲裁人協会との共同開催イベントについて
    共著(NBL No. No.1129及び1131)2018
  • 著書最新 クロスボーダー紛争実務戦略
    (2016年) レクシスネクシス・ジャパン
  • 著書訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティー戦略
    共著(2015年)NTT出版
  • 著書米国独占禁止法の域外適用における最近の進展
    (JCAジャーナル No.693)(2015年) 日本商事仲裁協会

主な講演・セミナー

  • 「知的財産紛争への国際仲裁・調停の活用- SEP(標準必須特許)・FRANDを含む世界的・包括的解決への戦略」 特許庁・英国仲裁人協会共同主催 日本仲裁人協会後援
    2020.02 高取 芳宏
  • 「GDPRの日本関連データ管理への影響 ― 十分性認定と東京オリンピック対策 ―」ドイツフランクフルト弁護士会・第一東京弁護士会ジョイントセミナー
    2019.08 高取 芳宏
  • 「国際仲裁・調停及びその組合わせの実務―SEP等知的財産紛争への活用の考察を含めて」知的財産高等裁判所・東京高等裁判所
    2019.07 高取 芳宏
  • 「国際仲裁・調停におけるサイバーセキュリティ」世界銀行セミナー パリ ICSID及びエネルギー憲章条約主催
    2018.09 高取 芳宏

パートナー

アソシエイト